☆メディバン・背景(白)を透過する方法(線画抽出)~イラストAC素材を例に「ぬりえ」にしてみた

透過されていなPNG形式画像で線画のおこしかた

イラストAC素材で「ぬりえ」しようとPNG形式選んだのに透過されてない!? 背景(白)透過方法(線画抽出)で解決!

著作権の心配なく加工してもOK、条件つきで商用利用もできるイラストACの素材。

ブログのアイキャッチ画像やチラシなどで主に使用されていますが「ぬりえ」として使うことだって問題はありません。ですが――

背景を選択してみたら細かい箇所が選択されておらず……

素材レイヤーの下にレイヤーを新規で作って色を塗っても背景は透過されているので下のレイヤーの色が見えますが、イラスト(画像でいうと鳥)は透過されていないため、下のレイヤーで塗った色が表示されないんです。

素材レイヤーを一番上にして下に一色で塗ったレイヤーを作ると下のようになります。

つまりなにが言いたいのかというと――

イラストACでぬりえ素材としてPNG形式をDLしたとしても、透過されているのは背景のみでイラスト自体は透過されていないんです。

イラストAC素材でぬりえをする場合は線画をおこす(線を抽出する)作業が必要となります。

線画の作り方→ある機能を使うだけ!簡単に透過した線画が作れます!

それでは透過されていないPNG形式の素材から線画をつくってみましょう。

メディバンペイントプロで背景(白)透過する方法(線画を抽出して作成)

1 イラストACでDLしたぬりえ素材をメディバンペントプロにとりこんでください。

線画をとりこんだ直後だと上の画像のようになります。レイヤー1として素材が表示されてますよね。

2 ツールバーの中にある選択範囲→レイヤーを元に作成/硬度(B)を選択します。

すると上の画像のように線の部分のみ選択されている状態になります。

3 選択したままの状態でレイヤーの追加をクリックして新規レイヤーを作り、塗りつぶしをクリックします。

レイヤー1の下にあるアイコン「レイヤーの追加」をクリックします。レイヤー2が増えてますよね。レイヤー2を選択したまま「塗りつぶし」をクリックします。*ツールバーの中にあるレイヤーの中に塗りつぶしがあります。

黒で塗りつぶしをした直後の状態です。色がはっきりしてますよね?*素材レイヤーも見える状態であるため、よけいに線の色が濃くなってます。

選択を解除した後、素材レイヤーを非表示、または削除してください。(例であればレイヤー1を削除・または非表示)

4 レイヤー1(素材)を非表示にしてみます。すると……

レイヤー2のみ表示されている状態ですが、ちゃんと線画が作れてますよね。

5 レイヤー2の下にレイヤーの追加するとレイヤー3が作成されます。レイヤー3を黄色一色でぬりつぶしてみます。すると……

6 イラストの部分もちゃんと色が表示されてます。つまり線以外はすべて透過されていることがわかります。

まとめ 透過されていないPNG形式の画像で線画のみのレイヤーを作りたい場合は、レイヤーを元に作成/硬度で簡単につくれますよ。

 

透過されていなくて綺麗に塗れない!←メディバンの機能を使えば、線画抽出は簡単にできますよというお話でした。

今回の記事は

メディバンペイントプロでグリザイユ画法塗り講座

の補足記事として書きましたが

困っている人が多いようで……少しは助力となれているようなので嬉しく思ってます。

ためしてみたけどうまくいかない!のであれば。

抽出機能が搭載されたソフトにきりかえてみるという方法があります。カラーで細部の細かい写真でも抽出ができて便利。

CLIP STUDIO PAINT EX