うごくイラスト投稿編【pixiv】

うごくイラスト投稿編【描き方・pixiv】

ピクシブで投稿できるカテゴリーで唯一体験談が書けなかった「うごイラ」初投稿したので「うごくイラストの投稿についての注意点や描き方」など書いてみる。

いままで

  • イラスト
  • 漫画
  • 小説

はピクシブで投稿してきたんですが

唯一参加してなかったのが「うごくイラスト」略してうごイラ。あとから追加された部門です。

やっとうごくイラスト投稿動画が完成してピクシブに初投稿実現できたので、投稿する際の注意点やうごくイラストの描き方・おすすめ本などについて書いてみます。

関連記事▼

イラスト・マンガ投稿編(ピクシブ)

小説投稿編(ピクシブ)

これでようやく全部の投稿編を書き終えることができましたヾ(@⌒ー⌒@)ノ

pixivのうごくイラスト部門に初投稿したので、体験談をもとに投稿時の注意するべきことや描き方・投稿の仕方などについて書いてみる

pixivのうごくイラストに投稿するには何が必要?

うごくイラストの投稿の仕方は2つあり

複数の画像をアップロードしてpixivの投稿画面でms(秒単位設定)を入力して行う方法とアニメーションGIFで投稿する方法があります。

 

今回私は

  • メディバンペイントプロのみで画像作る
  • PC操作のみ

ms設定(動画編集作業)は

  • pixivの投稿時にてms編集

を行いました。

*実際に投稿したうごくイラスト作品へのリンクを一定期間貼っておきます*

初うごくイラスト作品(サイズ400×400・150~210ms)

 

本当はおすすめの本のとおりにうごくイラスト動画を作りたかったのですが、機材の関係上できなかったので

今回は「9割目視・1割本のアドバイス」で完成させました。

▼はAlpacaDouga「GIFアニメ」で作った動画です(自動)

うごくイラスト「クリスマス」
アルパカでGIF動画制作(白、ブログ用。某サイトにて投稿したものに追加あり・トナカイ&白、)

↑のGIFのフレーム再生速度は「200ms」全部同じ秒数。

ピクシブの投稿画面だと画像枚に細かいms設定することが可能(最小10ms)です。

ピクシブの「うごくイラスト」投稿の流れ【複数画像アップロードして行う方法】

*PCで操作する方法で書いてます

*画像を複数用意してピクシブにてms設定を行うやり方

 

まずピクシブにログインします

作品投稿をクリック

タブを「イラスト」から「うごくイラスト」へ変更

すると下記のような画面になります

うごくイラスト投稿画面
うごくイラスト投稿画面

画像を複数選択してアップロードをクリック

アップしたい画像を選んだら開くをクリック

 

画像をアップロードすると↓のような画面にきりかわります。

アップロード後の画面
アップロード後の画面

*補足・テスト段階の時の画像です。実際に投稿したときは画像数増えました(´Д`;)

画像をクリックすると右側にある「フレームの時間を変更」が操作できるようになります。

ms設定画面が表示される。基本は125となっている
ms設定画面が表示される。基本は125となっている

クリックするとmsの数値変更画面が表示されます。基本設定msは125ms。最小は10ms。

画像ひとつひとつをクリックしてms設定変更することはもちろん

画像を複数選択⇒フレームの時間を変更⇒選択した画像を全部同じmsに変えることも可能です

*画像をドラッグする、またはコントロールキーを押しながら画像をクリックする方法もできます

画像の下に表示されているアイコンをクリックすると

設定したmsで動きます。

msを指定して実際に動きを確認してOKとなったら、右上にある「情報入力へ」をクリックします。

すると画像のように「情報入力画面に進みますか?」と表示されます。

アップロードに時間がかかる場合があると書かれています。

ちなみに何度かテスト投稿(非公開で)行ってみましたが、即~数秒後に反映されましたよ(投稿数が一気に増える夜中12時でも)

OKを選択すると、作品詳細設定ページへ移動します。

非公開投稿でもこの画面が表示される
非公開投稿でもこの画面が表示される
  • タイトル入力
  • キャプション
  • タグ(必須)
  • オリジナル作品か否か
  • 閲覧制限(必須)
  • 描写について(必須)
  • 作品の属性
  • 公開範囲
  • イメージレスポンス設定
  • アンケート実施するか否か
  • 使用ツール(今回であればファイアアルパカ)

といった項目入力がありました。

ちなみに「使用ツール」は設定しなくても投稿できます。

複数画像アップロードして投稿する場合に伝えておきたいこと

実際にサイズを変えたり、画像枚数を減らしてms設定を大幅に変更して動かしてみたりなどいろいろとためして思ったこと▼

  • 大きいサイズ(800×800とか)での投稿はおすすめしない
  • ms設定の幅は大きくしないこと

この2点はとくに思った。

私が実際にピクシブに投稿したサイズは「400×400」で「png形式」

最初800×800でms設定の幅も広く(1008~125)でテスト投稿してみたのですが――

ms設定画面ではスムーズにうごくのに、投稿後見てみると「動きがスムーズじゃない」

後ろの背景もうごくイラストであったこともあり

1枚の画像で差分を作り(たとえば人物は動かないけど、背景だけ動く)ms設定の幅の差を抑えることで

投稿してもいいかなと思える動きになってくれました。

 

ピクシブの「うごくイラスト」投稿の流れ【GIF動画をアップロードして行う方法】

GIFの場合はms設定する必要性がないこともあり

アップロード後、作品詳細欄になりました▼

GIFをアップロードした場合
GIFをアップロードした場合
  • タイトル入力
  • キャプション
  • タグ(必須)
  • オリジナル作品か否か
  • 閲覧制限(必須)
  • 描写について(必須)
  • 作品の属性
  • 公開範囲
  • イメージレスポンス設定
  • アンケート実施するか否か
  • 使用ツール(今回であればファイアアルパカ)

といった項目入力がありました(複数動画アップする方法と一緒でした汗)

ためしに非公開設定で投稿してみました(実際に投稿できるか確認のため)

非公開投稿でもこの画面が表示される
非公開投稿でもこの画面が表示される

作品が投稿されましたと表示が(非公開でも例外ないようで)

作品をタップすると投稿画面へアクセスします。

起動した直後は動きが鈍かったのですが(時間にもよる?)

数秒後には問題ない動画再生になってました。

GIF動画でアップロードするお考えの投稿者に伝えておきたいこと

大きすぎるサイズはアップロードできません。

800×800でも「エラーが発生しました」GIFアニメのサイズが大きすぎます。

と、表示されてしまいました(´ε`;)ウーン…

400×400のGIF動画はOKでしたよ。

メディバンペイントプロ1本で「うごくイラスト」の描き方

かんたんに流れを説明させてもらうと……

  1. うごかすパーツごとに線画作成
  2. 実際に動かしてみる(感覚で作る場合はここでmsをきちんと決めておくと後の作業が楽です)*基本TVは30フレーム・おすすめ本では秒8枚で作画
  3. 線画をもとにレイヤー(色)作り*線画のみの動画の場合は必要なし
  4. 背景と合わせながら必要な画像を作る
  5. すべての画像がそろったら、Photoshopなどのソフトで動画にする。または直接ピクシブのうごくイラストに投稿してms設定を行い投稿する

最初は「中割り」なしの「原画」だけで動かす動画から作ってみたほうが難易度はひくくなります。またはおすすめの動画見本帳をトレースして見るとか。

*くわしいことは▼を読んでみてください。

発行から年数が経過したアニメーション制作の技術書ですが「小学生からアニメーション教えるべきだよね~」とおっしゃっていた人が参加されているだけあり、わかりやすいです。いい本ですよ!

メディバンペイントプロ1本でうごくイラストを描く場合、伝えておきたいこと

線画は動かすパーツごとに作っておくことはお伝えしました。

補足するとすれば……デジタルイラストを描くのと同じく

レイヤーの順番は気を使っていたほうが、◎

(私、バラバラに制作しいていたために、やりなおすことになったので(´Д`;))

どれくらい動きのある動画を作るかにもよりますが――

「目パチ」だけならまだいいのですが

「からだの動きもある、背景も動く」など、動く箇所が多い場合、適当につくってるとあとで大変なことになりかねません(´Д`;)

私は「顔や頭」「表情」「背景」に動きはありますが、一色塗りにしておきました。

なのでお伝えしておいたほうがいいことは、レイヤーの順番くらい。

うごくイラスト投稿編は以上です。

ピクシブに関する体験談を含めた記事を過去に書いてきました。まとめページへのリンクをはっておきます。

うごくイラスト制作、思った以上に時間かかったけど楽しかったです(^-^)