子供の頃、絵を描くのが上手になったきっかけは先生の一言でした。その経験からイラスト教室で学ぶことはお勧めなんです【体験談あり】

When I was a kid, it was the teacher's words that made me good at drawing. From that experience, I recommend studying in an illustration class.

▲無料体験あり

子供の頃から漫画が好きで絵の技術書(参考書)を買って学ぶこともしてましたが、教室に通ったこともあります。先生のたったひと言で絵が上手くなった(画力アップした)経験から「こどものときからイラスト教室で学ぶことはおすすめできる」と言えるのです。

 

 

商業漫画や身近な年上の影響からこどもの頃に絵に興味をもち

「上手に絵が描けるようになりたい」

とおもい、頑張っているこどもたちは昔もいまも変わりません。

 

昔といまの違うところはといえば「作品をみてもらえる機会が増えた」ことと「絵の描き方を学ぶことのハードルが低くなった」ことですね。

 

私が子供の頃はまだ「デジタルでイラストを描く」ということはなくて「アナログで絵や漫画を描く」のが当たり前の時代でした。

 

私の親は「こどものしたいことはさせてあげたい。」

「知識」という「財産」を残すほうが良いという考えがあり

ありがたいことに不自由なく「やってみたい!」と思うことは挑戦させてもらっていました(ほかの習い事もさせてもらってました。おかげで作品にいかすことができています)

絵の技術書(参考書)を買ってもらい独学勉強もしましたし、教室に通ったこともあります。

 

試行錯誤を繰り返しながら絵を描いていたある日のことなんですが、静物デッサンのモチーフ代表のひとつである果物「りんご」の絵を先生に見せたことがあったんです。

私が描いたりんごの絵をみた先生の「たったひと言」のおかげで絵が上手くなった(画力が向上した)ことがあります。ひと言とは何だったのか?

01作品をみた先生のひと言

 

言われた当時「反射光」を知らなかったんですよ。

なぜ「反射光」を考えた塗りになっていたのか? モチーフのりんごを観察しながら描いているとき「りんごの明るい所」に意識が向いたからとおぼろげですが記憶があります。

それから「反射光」も意識するようになりました。あのとき先生の「ひとこと」がなければ、成長はもっと遅かったことでしょう。

 

もちろん作品によっては「リアル」に近い塗り方が適していないこともあります。

ただ「反射光」を意識しただけでも作品の見え方・表現がガラリと変化します。

 

たとえば▼

一色塗り エドとアル

以前公開していた記事のために描いた「二次創作」の絵です(元ネタは漫画・鋼の錬金術師のエドとアル)一色で塗ってますが

▼はどうでしょう

バトルモード・紅美鈴

光が強くあたっているところとそうではないところを意識して塗っただけでも与える印象は違いますよね。(ちなみにこちらも二次創作の絵です。元ネタはゲーム・東方に登場する紅美鈴)

 

先生に作品を見てもらい頂いた言葉で「気づかせてもらい」たったひと言が「画力が上がる・作品の質があがる」本で学ぶことも大切だけど「先生に直接指導をうけながら考えて作品を描いていると上達が早い」です。

 

まだデジタルで学べる環境ではなかった当時、絵の描き方などは学べても「作品を売る」まではなかったですが

ATAM ACADEMYでは「販売まで」がカリキュラムに加えられています。

 

私が子供の頃、教室に通っていたころにはなかった「販売する⇒商売を学ぶ・仕事にする」ことを学べるのはとてもいいですよね。

 

(『絵なんてうまくなっても仕事にできるのは、ほんのひと握り』って考えの親だから……家では描くことができないから学校で絵を描いている人がいるという話を聞いたことがあります。

「作品を売るという、つまり仕事としての側面」も学べるプログラムありなら「親の理解をえやすくなる」

「大人の理解が得られない」解決の糸口になっているのではないかと考えています)

 

「他の受講者と会話ができる」というのも点も◎

一部の高校や外国でとりいれられている「勉強方法」

「グループ型」の勉強方法は有効であるのは知られている話です。

 

これまで受講した方々の評判は良いです。こども1人でネットをさせるのは不安なのでしたら問題ありません。親御さんの参加OKなので配慮をされているなと思います。

 

  • 「密になるのは避けたい」+「家で学習したい」
  • 独学で絵を描いているけれど成長がいまひとつ伸び悩んでいる
  • こども1人で体験させるのは不安だけど親といっしょの参加型なら……
  • いずれ「絵の職業につきたい⇒マーケティングの基礎を学びたい

「自分に合うかな?」と不安な方でも大丈夫なように無料体験を行ってます。

無料体験してみる

 

デジタルで(ネットを通じて)学ぶなんて時代ではなかった頃、教室に通ったときに言われた先生のたったひと言(感想)で画力がアップした経験をしたので「直接習える」というのは腕をあげるのにかなり有効だとしみじみ思います。

*ATAM ACADEMYと提携関係にあります