irasutoac(イラストAC)素材にストーリーをつけてみた【ドラクエネタなど】

目次

irasutoacにギャグ&コメディテイストなストーリーをつけてみた

応援とつい「イメージ」がうかんだので。

ドラクエネタなど、いろいろと「カオス」です。


イラスト素材【PIXTA】

▲プロも愛用している写真のイラスト素材を探している人向け

irasutoac(イラストAC)素材にギャグ&コメディテイストなストーリーつけてみた

 

*順不同

*イラストAC素材をみて思いついたネタをつけて紹介してみるだけ。素材をお求めの人はイラストACで無料会員登録してDLしてください。作者応援につながりますよ

*イラスト素材の作者さまへ 不快に思われたら申し訳ありません m(_ _)m

赤鬼と青鬼 作者 Shrimpgraphicさん「地獄でボディビルダー選手権今年も開催!」

赤鬼と青鬼 イラストAC素材にストーリーつけてみた

 

 

司会者「地獄のボディビルダー選手権も今回で○○○○○○回! 最終審査がやってまいりました。」

 

司会者「日頃、亡者をボコボコにしているだけあって、皆さん鍛えられてますね~ お! やはりこの二人は最終審査に残ってますね。」

 

 

赤鬼「サイドチェストォォォォォォォ!!!」

青鬼「やるじゃねぇか。赤鬼。俺も負けてられねぇぜ! サイド・トライセップスゥゥゥゥゥゥ」

 

 

司会者(……今年もポーズ名叫びながらですね~ マイクなしで声がここまで届くなんて……どんな声量してんだか……)

 

赤鬼「アドン サムソン めっちゃダンディ~♫」

青鬼「ワセリンぬって~♫」

 

司会者「あ~それ以上はダメですよ~赤鬼さん青鬼さん(;´Д`)」

 

赤鬼「悪ぃな、 ポージングしてるとこの曲が歌いたくなってたまんねぇんだよなぁ」

青鬼「俺もいつか兄貴たちと共に、空中で頭からビーム発射……」

 

司会者「某ゲームネタ▼はそれくらいにしてくださいね」

 

 

 

赤鬼&青鬼「モスト・マスキュラーァァァァァァ」

 

観客「細マッチョ鬼部門はいつも賑やかですこと♫」

観客「今年もあの二人のどちらかが優勝じゃろうな。お主は今年どっちにかける?」

 

司会者「純粋にボディビルダー選手権みてくださいよー(つд⊂)」

 

観客「(≧∇≦*) イケメンマッチョ鬼発見!」

観客「私はあっちがいいな~ 顔と体のあのアンバランス差がなんとも……」

 

司会者(ひぃ! 鬼なんてかわいいって思うくらいすごい形相してるんですけど!?)

 

************

 

スタッフ「(_´Д`)ノ~~オツカレー」

司会者「乙です……今年は大騒動に発展しなかったからいいけれど……(o´Д`)=з」

運営者「去年はボディビルダー選手権が途中から赤鬼青鬼バトルになったものなぁwww」

司会者(会場破壊されたってのに、お気楽だなぁ)

赤鬼と青鬼 イラストAC素材にストーリーつけてみた
赤鬼と青鬼

クマ 作者 マルムギさん「ドラクエネタ」

*ドラクエネタ*

 

【クマが現れた】

 

戦う←

逃げる

 

 

 

戦いに勝利した。

ん?

 

ムクリ

 

 

クマ「……」

冒険者「……」

 

クマ「……」

冒険者「……」

 

ピッ

【仲間になりたそうにこちらを見ている】

 

冒険者「……そ、そうなのか?」

冒険者「…………」

 

 

どうする?

仲間にする

仲間にしない

…………(今夜は熊鍋にするか(☆∀☆)いや、待てよ……? 非常食も捨てがたい)

 

クマ「……」

じりっ

冒険者「ん?」

じりじり……

 

 

ドドドドドドドドドド

 

冒険者の心の声を聞いたのか、クマはその場から走り去っていった

 

冒険者「あ! 待てぇぇぇぇぇぇ」

クマ

 

 


▲ 面白いw主婦でゲーム好きならどハマリすること間違いなし!

温泉に入るしば犬 作者 ののここさん「はぁ~ビバノンノン♫」

 

 温泉宿に泊まった客「飯はうまいしネェちゃんは綺麗だっとぉ♫ 今度は温泉で飲むとすかぁ」

 

ガラッ

 

♪゜・*:.。. .。.:*・♪

 

温泉宿に泊まった客「ん……? 先客がいるのかぁ? 」

 

 

しば犬「ワンワンワンワン(いい湯だなぁ~あははーん♪)」

 

ドボンッ!

 

温泉宿に泊まった客「おぅ! そこのけぶけぇの! うまいじゃねぇか」

 

しば犬「ワンワン(温泉が気持ちよくて、つい歌いたくなっちゃうんですよ~)」

 

温泉宿に泊まった客「わかるぜぇその気持ち けぶけぇの おぅ、もういっちょ」

 

しば犬「ワン、ワンワンワン♪(あの、一緒に歌ってくれませんか?)」

 

温泉宿に泊まった客「ん? 俺もかぁ? 気分いいし、いいぜ」

 

しば犬「ワンワン♪ ワンワンワンワン(嬉しいなぁ! いつも一人で鼻歌だったんだ!」

 

温泉宿に泊まった客「そうかそうか」

 

しば犬「ワンワン(それじゃ)ワンワンワン(いい湯だなぁ~)」

 

温泉宿に泊まった客「あははーん♫」

 

 

 

先に温泉に入っていた客A『……この世界ってファンタジーワールドだっけ?』

先に温泉に入っていた客B『細かいこときにしたら負けだぞ』

温泉に入るしば犬


高級宿泊施設の予約ならRelux

シンプル 挫折 四つん這い 作者 NORIMAさん「競馬場の空からふってくるもの、それは……」

 

サラリーマン「くくく……ついに、この日がやってきた……」

サラリーマン「これまで見送ってきたレースは数知れず……俺が探し当てた的中率99%に該当するレースがやっと来た 待ちくたびれたぜ」

サラリーマン「馬券は買った 今日から俺は億万長者の仲間入りだ はははははははははは!」

 

結果

 

サラリーマン「……………………」

 

自分以外の客が空へ放り投げた紙が舞う。

サラリーマンも手に持っている大量の「ただの紙切れ」と化したそれを盛大に空へとぶちまけた

 

サラリーマン「は……ははは……オワタ……コツコツコツコツ貯めてきて膨大な量のデータを集めて……き、きたの、に……」

 

サラリーマン「やっと、か、かぁちゃんを説得して来たのに……な、なんて言えばいいんだぁ! 怖くて家に帰れねぇよぉぉぉぉぉぉぉ」

馬券一発勝負して敗れ去った男の末路の打開策、それは――

シンプル 挫折 四つん這い

2種類のパンダ 作者 mommyさん「王者の貫禄」

 

レッサーパンダ「! あれは いま人気のパンダじゃねぇか あいつがここに来るまでは俺様が一番の人気動物だったのに……」

 

パンダ「スースー」

 

レッサーパンダ「敵意むき出しで近づいてるってのに……」

 

ガブッ!

 

パンダ「スースー」

レッサーパンダ「……あれ?」

 

ガブガブッ!!!

 

パンダ「スースー」

レッサーパンダ「お、起きない……だと!?」

 

ガジガジガジ

ブンブン

ギリギリギリギリ

パンダ「ど、どうしたの!? そのけが」

人気パンダ「起きたらこうなってたんだ ぼく 寝相悪いから」

 

 

レッサーパンダ「…………」

 

あれが王者の貫禄ってやつか……(´<_` )

2種類のパンダ

腹痛の女性 作者 わっきーさん「トイレ、カモォォォン!!!」

 

女「あっ!」

女(急にもよおしてきたわ)

 

先ほどまで家にいた女。

家で食べまくって動かずにずっとテレビ見てたが、忘れていた要件を思い出しデパートに買い物にやってきた。

動いたことで腸が活発して結果、と、いうことだろう

 

女(と、トイレ……ぬぅ!?)

女(ダメ……これ以上歩いたら……品性で素敵なとてもピー歳には見えないと言われるこの私が……最悪の事態に!!!!)

 

女(ちょっとずつ、ちょっとずつ歩けば……)

 

女「!」

 

女(ま、まずい……絶対にやばい、やばいよ、やばいよ……)

女(あぁ……あと数十歩先にトイレがあるというのに……すぐ目の前に……)

 

女「トイレ カモォーン!」

 

通りすがりの男の子「ねぇママ、トイレは歩けないの、あのお姉ちゃん知らないのかな?」

母親「しっ! 言っちゃだめよ」

腹痛の女性

ゲームをする男の子と母親 作者 やまびこ堂さん「必殺!○○〇〇の舞! ぎやぁぁぁ! ←家庭用ゲームやったことある人あるある?」

 

男の子「よし! そこだ! いけ!」

 

母親「宿題は?」

 

男の子「まだ」

 

母親「さっきやるって言ってなかった?」

 

男の子「あともう少しでセーブポイントだから」

 

母親「セーブポイント???」

 

男の子「セーブしないで終わっちゃったら、ここまですすめてきたの全部パーなんだよ。だからもう少しだけ、ね?」

 

母親「しょうがないわねぇ……」

 

男の子「あと一時間くらいでセーブポイントにつくから(多分)」

 

母親「そう 約束よ? 一時間後にちゃんと宿題すること いい?」

 

男の子「約束約束♫」

 

 

 

一時間後

 

 

 

二時間後

 

母親「……もう二時間たってるのね あの子ちゃんと宿題やってるかしら」

 

 

部屋をあけると先ほどと同じ場所でテレビ画面と向き合う息子

 

母親「……」

男の子「おっしゃ! 強敵たおしたぜ☆ このままエンディングまですすめてやろ♫」

母親「…………」

 

 

母親「やくそくやぶる……悪い子には……お仕置きが必要ね……」

 

男の子「あ(^_^;) いたの? あ、あと一時間、ううん、三十分ま」

 

母親「必殺! コンセント抜きの舞!」

男の子「ああああああああああ! 苦労して倒したのにぃぃぃ」

母親「約束破ったあんたが悪いヽ(`Д´)ノ」

ゲームをする男の子と母親

 

 

女子高生(怒る、叫ぶ) 作者 コーンスターチさん「……すみませんm(_ _)m」

 

○モト「何回言わせたら気が済むのぉ! 蛇はダメだってNGだっていってるでしょぉぉぉ」

 

心の、いや、魂の叫びを聞かせていただきました。

 

某タレントさんのそっくりさんとしてコンテスト出場でき……すみませんm(_ _)m 

ご本人は「勇ましく」ないです。

女子高生(怒る、叫ぶ)

ボーカルレコーディング 作者 コーンスターチさん「ジャイアンに匹敵するボーカルガール」

 

「♦♫♦・*:..。♦♫♦*゚¨゚゚・*:..。♦」

 

「ぐはぁ」

「ひでぶぅ」

「おいらのらいふはもう0だべ かんべんしてくんろぉ」

 

 

 

バタバタバタ

↑ 屍

 

男たちは断末魔の叫び声をあげながらバタバタと倒れていった。

 

「ふぅ~♫ きょうも気持ちよく歌えたわん♥ あらん♥ あたしのセクシーボイスがまた男たちを虜にしたのねん♥あたしって、罪なお・ん・な」

 

 

 

 

耳栓外した女たち

「……やはりこうなったか。ジャイアンといい勝負する(であろう)女に勝てるわけがなかろうに。」

「どっから声だしているんだろうね?」

ボーカルレコーディング

 

 

サングラスをかける人 作者 gogondayoさん「イカスじゃろう?」

「ただいまぁ!」

「おかえり、あれぇ? おじいちゃんそれどうしたの?」

「サングラスを買ってみたんじゃ! カッコイイじゃろう!」

「おじいちゃんカッコイイ! いよ! いい男!」

サングラスをかける人

暑中お見舞い申し上げます。 作者 zomioさん「だって暑いんだもん!」

「あ~~~~~~~」

「こら! なんという格好をしとるか!」

「だってぇ~暑いんだもん」

扇風機の前を陣取って涼をとる軽装姿の女の子

暑中お見舞い申し上げます。

ドット絵のキャラクター 作者 キラーT細胞さん「残念な勇者の冒険のはじまり~ドラクエ1&3ネタ~その1「魔王の前に退治するべき相手がいた」*他、イラストAC素材あり

たった○Gと折れそうな剣だけって……どんだけ経済力ねぇんだよ。あのジジィ……

ちっ、ぼやいていてもしゃーねーか

さて、と。酒場到着! 早速飲むか! その後に連れ探しすりゃいいだろ

……どうせなら――ハーレムパーティーを 。♥。・゚♡゚・。♥。・゚♡゚・。♥。

 

 

 

ギィィィィィィ……

 

酒場の店員「あら、勇者さま 王様に魔王退治に行って来いって言われちゃったのよね 大変ね~ ふふふ 安心して よりすぐりの精鋭たちが勇者さまをお待ちかねよ

剣と盾を構えるサラリーマン

りりりりりり……リストラされて……ぼく、もう後がないんです

け、剣とたたた盾も用意しました

会社じゃ役に立てなかったけど、勇者さんの盾くらいなら

ぼ、ぼくにだってでき、できま ((((;゚Д゚))))

剣と盾を構えるサラリーマン戦士

コーホー……コーホー……

ピーガガガガガガガガ……

マスター 誤 メイレイヲ

ロボット兵

老いぼれと侮ると痛い目みるぞ

わしの力をかりれるなぞ、本来はありえぬことではあるが

世界を救うためにはワシの力が必要不可欠であろうからな

わしがいるだけで十分じゃろ

わしを選ばぬという選択肢はあるまいて?

老師

 

……………………

あらん? 勇者さま どうなさったのん?

 

ヤローしかいねぇじゃねぇか

(╬゚◥益◤゚)

 

だってぇ~王様が女ぐせの悪い勇者じゃから男だけ登録OKにしろってご命令だもの~

 

あのクソじじぃ! 魔王の前にてめぇを退治してやらぁ!!!

 

 

まさかの続編です★

「残念な勇者の冒険のはじまり~ドラクエ1&3ネタ」~その2「ようこそ出会いと別れの場所へ。だれを連れて行く?」

勇者「ふぅ~……あれだけやりゃ、さすがにこりて今度はヤローばっかにしてねぇだろ。今度こそハーレムパーティー作って魔王をちゃっちゃと倒してそれで……

 

だらしない顔をしながら酒場の扉をあける

酒場の店主「ようこそ出会いと別れの場所へ。だれを連れて行く?」

「ゆうしゃさまぁん あたし キャサリン 職業は遊び人よ よ・ろ・し・く・ネ

うふんなオカマ

「あんたが勇者殿でごわすか? わっちは釜男 体当たりと飯炊きが得意ですたい!」

0450_cookware

「こんにちは勇者さま 僕の職業は吟遊詩人 勇者さまもいっしょにこの曲聴きませんか?」 片方のイヤホンを勇者に渡そうとする吟遊詩人

「え? 女の子だよね……? 僕は男だよ ……がっかりさせちゃったかな?」

イヤホン人物

「ユウシャサマガ タビノトチュウデ タオレテモ

 ワタシガ ソバニイレバ スグニ イキカエレマス」

教会 2

「ニャーニャーニャーニャーニャーニャーニャーニャー……ニャリ」

訳 逃走とこわがりな敵を追っ払うのはとくですよ……( ̄ー ̄)

「私がいればどんなにアイテムをゲットしても持ちすぎて捨てなければならない&売らなければならないということはありません!」

宝箱

「え……? ここってお友達募集しているところじゃないの?」

しまったパンダ1

「私の能力は描いたものが具現化すること! 経験値(画力)が上がればより強力な仲間を生み出すことができるよ。」

漫画家

 

 

 

……

…………

……………………

 

 

酒場の店主「誰を連れて行きますか? 3人までなら連れていくことができます。」

勇者「……はぁ……もういいや、おい、お前。」

吟遊詩人(男)「え? 僕でいいの?」

勇者「お前のほうがマシなんでな(女に見えなくもねぇし)」

 

勇者「あとお前とお前も来い!」

宝箱「アイテム収納はお任せください!セコムに引けをとらないセキュリティ対策済みです!」

勇者「戦闘以外は持ち物全部お前が持てよ。」

宝箱「はい!」

教会「ユウシャサマ ワタシガイレバ ドクジョウタイニナロウ ガ HP0ニナロウガ シンパイムヨウデス ココロオキナク タタカッテクダサイ セントウフノウ ドントコイ!」

勇者「縁起でもねぇこと言うんじゃねぇよ(`Δ´)!

 

 

こうして


勇者は

 

吟遊詩人(男)

教会 

宝箱

 

を連れて魔王討伐へと旅立ったのである――

 

 

 

 

 

 

 

「残念な勇者の冒険のはじまり~ドラクエ1&3ネタ」~その3・最終話「ゆうべはお楽しみでしたね

*******腐 警報 注意 ********

*腐女子ネタが含まれています*

 

 

それから数年後――

出会いと別れの酒場にひとりの男が店内へと入ってきた。

いまでは世界中でその名を知られている男の顔はどこか疲れきった様子をうかがわせる。

 

勇者「…………」

酒場の店主「おかえり勇者様 魔王討伐、お疲れ様。」

勇者「ああ……」

酒場の店主「あれ……? お連れの吟遊詩人さんと教会さんと宝箱さんはどちらに?」

勇者「宝箱はアイテム換金に行ってる。アイツ(吟遊詩人)は教会の2階の寝室で寝てるよ。」

酒場の店主「教会を宿屋がわりに使っているんですか?」

勇者「いや……俺とアイツの家」

酒場の店主「はい?」

勇者「アイツが……アイツがあんなじゃなけりゃ俺は魔王討伐してモテモテで女の子よりどりみどりで……なのに、アイツがあんな顔するから俺は……俺は!」

 

グビグビググビ

酒場の店主「いい飲みっぷりねぇ 旅でいろいろあったんだね。――ねぇ勇者様、もしかして吟遊詩人さんと――」

勇者「……聞かないでくれ……頼むから。」

酒場の店主「吟遊詩人さんのお母さんってたしか……」

勇者「……」

酒場の店主「――疲労はしてるけど、死なない。流石は勇者様ね。」

勇者「褒め言葉になってねぇよ……」

酒場の店主「それで? 相性はどうなの? ねぇねぇねぇ?」

勇者「マジ勘弁してくれぇぇぇぇぇぇ。」

 

 

 

教会「おや? 勇者様の雄叫びが聞こえたような……。」

吟遊詩人「スースー……」

教会「それにひきかえ、こちらはまるで天使のよう。」

1階に降りてソファーで本を読んでいたが、朝方近くまで起きていた吟遊詩人は急に眠気がおそってきたのか横になり……いまだ夢の中の住人なのである。

教会はおもいをはせる。

教会「わたしくも勇者様たちとの旅で言葉も流暢にしゃべれるようになりましたね。……いろいろなことがありました……」

教会はチラリと吟遊詩人へと視線をうつす。

教会「吟遊詩人さんの母上がサキュバスだと知ったときは驚きましたが――それ以上に女好きな勇者様といっしょになるとは、誰も予想できなかったですね。」

宝箱「そうですね。」

教会「おかえりなさい。」

宝箱「ただいまもどりました。……よく眠ってますね。あれ?勇者様はどちらへ?」

教会「ゆうべはお楽しみでしたねって勇者様に言ったら怒って酒場へ行ってしまわれました。」

宝箱「つつくのもほどほどにしてください。」

教会「いいじゃないですか。貢献している身なのですから。」

宝箱「……教会さん」

教会「なんでしょう?」

宝箱「……本当に……その、ふたりの夜の……。」

教会「無粋なことはしません――予想を本人(勇者)にぶつけてみただけですよ。」

宝箱「……そうですか……」

教会「……( ̄ー ̄)」

宝箱(ほ、本当なのでしょうか……(´Д`;))

教会「吟遊詩人さん、かわいかったですよ( ̄∀ ̄) 涙目であこがれの勇者さんといっしょになれてボク、嬉しいですって伝えられたときの勇者さんはそりゃもう真っ赤っかになって照れましてねぇ……がぜんはりきってハ……

宝箱「!!! こ、これ以上聞かせないでください!」

宝箱はふたを閉じて「特技・遮断」を発動した。

教会「あなたはそういうところ、変わらないですねぇ。」

宝箱「~~~~」

教会(ふたりの部屋は吟遊詩人さんの能力で常に対策がされてますから、様子を見るも聞くもできない。想像を言葉にしただけなんですけどねぇw)

自分もイラスト描いてイラストACなどで公開して収益あげたいなら

イラストAC素材はDLされると作者に収益が付与されるシステムを導入されているんですよ。

ランキング上位の人気のイラストレーターさんの収益額知ったら(°д°)!しますよ。


CLIP STUDIO PAINT EX

▲プロも愛用しているお絵かきソフト


デジタルでイラストやマンガを描く!Intuos シリーズ

▲ワコムのペンタブ使ってます。使うともうマウス描きにはもどれない!