電子書籍化(自炊)するためスキャナ購入する予定の人に伝えたいこと

電子書籍化(自炊)するためにスキャナ購入する予定なら画質と読取り面の縁に考慮を

電子書籍化(自炊)するためにスキャナを購入する予定なら、画質だけでなく「読取り面の縁」も考慮を!ということを伝えたい

以前購入した電子書籍化(自炊)できるスキャナです▼

Plustek OpticBook ブックスキャナ A4 高速読取 OpticBook 3600
Plustek OpticBook ブックスキャナ A4 高速読取 OpticBook 3600

こちらを購入した理由はもちろん電子書籍(自炊)するため。これまで購入してきた本は時間の経過にともない、紙の痛みはどうしてもさけられず。

と同時にPCなど操作する機会が多いこともあって電子書籍(自炊)するために購入しました。

私が購入したスキャナ「Plustek OpticBook ブックスキャナ A4 高速読取 OpticBook 3600」はWindows7対応で、現在はサポートも終了していることから現在はおやすみしている電子書籍(自炊)のために購入したスキャナ。

電子書籍(自炊)用に使っていたスキャナを使っていた当時、次購入するなら「画質」だけでなく「選択範囲の読み取り部分」はぜったいに外せないなと思いました。

次のページではなぜ画質だけでなく「選択範囲の読み取り部分」について強く伝えたいのか?について書きます。